2020年12月28日月曜日

袖ヶ浦カンツリー倶楽部様 寄付金贈呈式

袖ヶ浦カンツリー倶楽部様から、1年間にわたりゴルフプレーヤーから募った浄財を、当委員会の緑化基金と千葉県肢体不自由児協会の車椅子等機器購入代等へと多額の寄付があり、その贈呈式が令和2年12月25日(金)に行われました。

肢体不自由児協会への寄付は51回目、当委員会への寄付は40回目となり、同倶楽部の金綱代表取締役専務から「継続してきたことでゴルフプレーヤにもその趣旨が浸透してきている」とのお話がありました。長年のご支援にこの場をお借りし、深く感謝申し上げますと共に、緑豊かな千葉県を未来に引き継ぐための活動に有効に活用させていただきます。

2020年12月22日火曜日

県民参加によるみどりの再生事業を実施

県民参加によるみどりの再生事業の研修会「森林管理・けん引具を使用した伐採技術」を実施しました。2月に中止としたこの研修会は、再計画を希望される声が多く、改めて実施したものです。今回は参加人数の縮小やコロナウイルス感染症対策を徹底して行いました。県内各地で森づくり活動に参加される県民の皆さんが、一層安全で、確実な伐倒作業が行えるよう、このテーマで企画しました。




令和2年度国土緑化運動ポスター原画コンクール入賞作品集(PDF 版)

令和2年度国土緑化運動ポスター原画コンクール入賞作品集が完成しました。特別賞、特選、入選、協賛賞の作品75点を掲載しています。児童生徒の皆さんが、緑について考え、その思いを絵に表現してくれた素晴らしい作品をぜひご覧ください。(PDF 版は印刷製本版と一部仕様が異なります)

ご覧いただくには、緑化推進委員会ホームページ



2020年12月17日木曜日

令和2年度国土緑化運動ポスター原画コンクール表彰式

 

令和2年12月14日(月)に千葉市内において、令和2年度国土緑化運動ポスター原画コンクール表彰式を行いました。今年の表彰式は、新型コロナウイルス感染拡大防止を徹底するため、受賞者の皆様には、様々な点でご理解、ご協力をいただき、様式の異なった形での実施となりました。それでも、受賞者の皆さんには笑顔があふれ、主催者としても喜ばしい思いで一杯でした。


なお、表彰式の模様が、翌日12月15日付け千葉日報紙において記事掲載されましたので、お知らせいたします。




2020年12月5日土曜日

治山・林道コンクールで2つの工事が入賞

一般社団法人日本治山治水協会及び日本林道協会の主催する治山・林道コンクールにおいて、本県から推薦した萩原土建()施工の「緊急予防治山工事(櫻井)」が民有林治山工事部門で日本治山治水協会長賞を受賞。また民有林治山木材使用工事部門では千葉県北部林業事務所による「防災造成工事(驚)」が同じく日本治山治水協会長賞を受賞しました。令和211月19日には、同協会総会後に表彰式が行われました。このたびの受賞、おめでとうございます。



2020年12月1日火曜日

令和2年度 緑化運動ポスター原画コンクール 特別賞・協賛賞の作品画

みなさん、お待ちかね!
「令和2年度 国土緑化運動ポスター原画コンクール 特別賞・協賛賞の作品画」を緑化推進委員会ホームページに掲載しました。
今年は、このコロナ禍にもかかわらず、382校から6,666点の応募がありました。そのなかから選ばれた素晴らしい作品をぜひご覧ください。
ご覧になる場合はこちらのページへ

なお、特別賞12点、協賛賞3点、特選24点、入選36点を掲載した令和2年度コンクールの作品集(PDF版)も鋭意準備しております。Upまでもう暫くお時間をいただきますが、こちらもお楽しみに!


   

2020年11月25日水曜日

贈り物が届きました

先日、校外学習で来所された小学校から、大きな?贈り物が届きました。1年生の皆さんで作ってくれたそうです。学校へ帰ってからも森林の中で拾った木の実や葉っぱでツリーを作ったりしたようですね。森林は博物館と例えられることがあります。また森林のなかで沢山のことを学びに来てくださいね。