2022年9月27日火曜日

第3・緑化推進委員会(緑の募金)の森~始動!

第3・緑化推進委員会(緑の募金)の森の造成が始動しました。長生郡一宮町東浪見の東京オリンピックサーフィン競技跡地の海岸林再生として取り組むもの(千葉県の法人の森事業)です。メモリアルかつシンボリックなフィールドであることから、児童生徒やサーフィン関係者を含む地元一宮町の皆さんや、森林ボランティアほかとのパートナーシップのもとで、この森づくりを行う予定です。

写真は海岸林再生の第一歩となる植樹に向けた、事前の会場準備活動の様子です。令和4年9月21日に千葉県みどりのサポーターの皆さん、サーフィン関係者ほか地元一宮町の皆さんと実施しました。

 

2022年9月13日火曜日

緑化運動ポスター応募作品が届き始めました!

夏休みも終わり、新学期が始まりましたね。当委員会事務局には、令和4年度国土緑化運動ポスター原画コンクール応募作品が続々と届いています。今年も元気いっぱいの作品に出会えることをスタッフ一同楽しみにしています!

2022年9月1日木曜日

令和4年度秋季・緑の募金運動にご協力ください

9月1日より、令和4年度秋季・緑の募金運動がスタートしました。皆さまのご協力をお願いいたします。
緑化推進委員会Webサイトで緑の募金だより2022秋号もご覧いただけます!

2022年8月5日金曜日

木育イベントで緑の募金を寄贈いただきました

 令和4年8月3日に千葉市で木育イベントが開催されました。子育て支援ステーションニッセさんでは、体験ブース「オリジナル色えんぴつを作ってみよう」を実施され、その参加費全額を緑の募金に寄贈くださいました。

訪れたお子さんやご父兄の皆さんは、会場の様々なブースに立ち寄って、木を見て、触れて、遊んで、学んでおられるようでした。


2022年8月2日火曜日

令和3年度緑化運動ポスター原画コンクール入賞作品展 in 青葉の森公園

令和4年8月2日~28日の間、千葉県立青葉の森公園「公園センター」(千葉市)において、令和3年度緑化運動ポスター原画コンクール入賞作品の展示を行っています。展示作品は特別賞の12点、特選24点、入選36点、協賛賞(千葉信用金庫)3点の計75点です。(県内リレー式に開催してきた展示会は今回が最終回となります)

夏休みに、作品づくりをされている皆さんも大勢いらっしゃると思います。青葉の森公園は緑のとっても豊かな公園です。ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。その際は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための基本的な対策や、熱中症対策もどうぞお忘れなくお願いいたします。 

幼稚園教諭や保育士を対象に「みどりの教室」を開催

千葉県の森と自然を活用した森林環境教育や自然保育の取組を促進するため、幼稚園教諭や保育士を対象とした「みどりの教室」を緑化推進拠点施設(袖ケ浦市長浦)において開催しました。

今回も里山遊びや自然保育を取り入れている幼稚園や保育園等から参加があり、コロナ禍での行事等開催ガイドラインに基づく感染防止対策の徹底と、野外実習での熱中症予防にも配慮して教室を実施しました。




今回のテーマは、「森と自然を活用した遊び(自然体験)」で、千葉県自然観察指導員協議会の晝間初枝先生にご指導いただきながら、幼児期に自然とふれ合って遊ぶ体験の必要性を教わるとともに、実習では、施設内の樹林地から採取してきた“木の葉っぱ”や“木の実”などを活用した遊びや、葛(クズ)の“つる”を使ったムカデ作りなどの遊びを体験しました。




2022年7月29日金曜日

第2・緑の募金の森づくり 2022下刈り~「The Final」

海岸林再生のシンボリックなフィールドとして、県民、企業・団体の皆さんが、毎年協働して保育を行うなど特徴ある森づくりを行ってきた第2・緑の募金の森は、植樹から5年目を迎え、いよいよ令和4年7月27日(水)に実施した下刈作業が最後の活動となりました。新型コロナウイルス感染防止対策や熱中症対策を徹底し、作業も無事完了しました。昨年と比較しても一段と大きく成長した様子を大勢の参加者の皆さんが実感されたようでした。

今回参加された皆さん<敬称略>

千葉県みどりのサポーター、リンテック(株)千葉工場、千葉県土地改良事業団体連合会、総武造園土木(株)、横芝緑化(株)、(株)加瀬造園、朝生林業(株)、林造園土木(株)、木更津木材(株)、(株)キーテック木更津工場、日本林業士会千葉県支部、千葉県森林整備協会、日本樹木医会千葉県支部、マルコーホーム(株) 、NPO成田さくらの里、ちば里山センター、ダイドードリンコ(株)